ごあいさつ

HOME > ごあいさつ


経営理念

宮永病院は

患者様との出会いを大切にし

安心と思いやりの医療をめざして

地域社会に貢献します


基本方針

私たちは

1 生命の尊厳と患者様の権利を尊重し、患者様の立場に立った医療を実践します

2 常に十分な説明をし同意を得ることに努め、患者様とともに診療を行います

3 標準化され かつ根拠に基づいた良質の医療を提供し、その実践にあたっては安全・安心の徹底をこころがけます

4 地域の医療需要に応えるため、急性期・回復期を対象とした内科・外科・リハビリテーションを診療の柱とし、他の医療機関と連携して地域医療を支えます

5 医療人としての自覚と誇りを常に持ち、その完成と技術を磨くため自己研鑽に励みます


intyou.jpg 理事長・院長 夏田 康則

当院の診療内容について簡単にご案内を申し上げます。

当院は外科、内科、リハビリテーションを診療の柱とする一般病床88床
の民間病院です。
外科では主に消化器疾患(食道、胃腸、肝胆膵)の検査、診断、治療(手術)を行っています。検査ではとくに内視鏡に力を入れており、症例は年間2500例(胃・十二指腸1800例、大腸800例)を越えています。
最近では内視鏡治療の症例が増加しており、早期胃癌、大腸ポリープの切除などを積極的に行っています。
また、3台の超音波装置とヘリカルCTで肝胆膵疾患の早期診断に努め、腹腔鏡下手術を含め手術症例は年間100例程です。
内科では糖尿病、消化器(肝)、呼吸器、膠原病に専門医を配置し、宮崎大学、都城病院、都城市郡医師会病院などと連携しその診療レベル維持に努めています。
糖尿病では医師を中心に専属の看護師、管理栄養士、薬剤師、言語聴覚士などがチームをつくって治療にあたっていますが、とくに教育入院のシステムは糖尿病治療上重要な位置を占めています。
当地域で多くみられるC型慢性肝炎については積極的にインターフェロン療法を行ない、肝硬変、肝癌についてもQOL、いわゆる生活の質を考慮した治療を行なっています。
高齢化が進む中、肺癌や慢性の呼吸器疾患(喘息、肺気腫、肺線維症など)、肺炎などが増加し気管支鏡検査を実施する機会も増えておりますし、必要に応じて在宅酸素療法の指導、管理も行なっています。
リウマチなどの膠原病は長期間にわたる継続治療が必要となりますが、個々に応じた生活指導に気を配りながら着実な治療を行なうよう心がけています。
主に脳卒中を対象としたリハビリについては回復期リハビリテーション病棟を開設し、9名の理学療法士、8名の作業療法士、3名の言語聴覚士が担当していますが、症例によっては在宅での訪問リハビリも可能です。平成23年には、患者様にとって、より充実した訓練の提供ができるよう大規模なリハビリ訓練室の増築、充実した機器類の整備を行っております。なお、介護老人保健施設(こんにちわセンター)、訪問看護ステーション(ことぶき)、ホームヘルパーステーション(さきがけ)、都城市五十市横市地区包括支援センターなどを併設し、介護保険施行下での在宅、通所、施設ケアを、当院がバックアップしながらグループとして円滑に実施出来ることも、特色のひとつです。
以上簡単に説明をいたしましたが、運営理念にもありますように皆様との出会いを大切にし、安心と思いやりの医療めざして地域社会に少しでもお役に立てればと日々努力致しておりますので、このホームページを通して当院をお知りいただき、何かご意見があればどうぞお寄せいただきたいと存じます。
2014年1月1日